日常生活・スポーツ・仕事により怪我をした、あなた!


整骨院とは

「骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)」を扱います

例えば・・・

 ➤骨折 バスケットで着地に失敗し骨折した

 ➤脱臼 スキーで転び手をつき肩関節が抜けた

 ➤捻挫 段差につまづき、捻ってしまった

 ➤打撲 椅子から転び肘を打撲した

 ➤挫傷 ジョギング中、太ももに痛みが生じた

 

また、あなたの身体状況によっては、怪我とは別に障害(可動域低下、筋力低下、関節の位置のずれ、動作不良など)が伴っている場合があります。

 

その際は「コンディショニングマッサージ」「メディカルトレーニング」を提案させて頂くことがあります。また、成り立ちの改善を希望する方もご相談ください。

トリガーポイントについて

 

当院はトリガーポイント治療を主に行っております。トリガーポイントとは痛みの引き金となる点をいい、図のように×の場所が原因で赤色の遠い部位にも痛みや、しびれや重だるさを発生させます。そのため、痛みの大元であるトリガーポイントを取り除くことが治療に大切になります。

(図引用文献:Myofascial pain and Dysfunction The Tringger Point Manual) 

 

 

 このような症状の方が来院しています

健康保険料金表


痛みなどの症状を作り出している部位の筋膜・筋・腱等に対してのマッサージです関連部位も治療することにより一層の効果を発揮します

痛みと関連部位の関係

個々の筋肉は、筋膜というパッケージのなかに入っており、それぞれ特徴を持った筋膜ラインにより分かれています

 

それにより、1つの部位に痛みなどが生じていても関連部位に硬さや痛みなどが生じています

 

例えば、腰が痛い場合、ももの裏から足が痛くなったりことはありませんか?

 

 図のように腰の筋肉は筋膜によって頭から足の裏までつながっているため、同じラインにもズンズン痛みが生じたり、パッンと張り硬くなることがあります。

(図引用文献:アナトミートレイン第2版)

以上のようにコンディショニングマッサージは痛みに関連する筋膜のラインに対するマッサージを行います

 

 

 


身体評価を行い、関節の歪みを始めとする機能障害(可動域・筋力・神経系など)をトレーニングと治療により改善し根本治療を目指します

身体評価の内容

 

図は膝関節のメディカルトレーニングで行う評価表です。

 

項目は、全体の状態の把握と、膝の歪み、関節可動域、腹部・膝の筋力などの検査を行い、それをもとに、あなたの生活スタイルに合わせプログラムを作ります。

 

例えば家で行うメニューをメインに行うのか、治療院で行うのかなどによってトレーニング内容も変わってきます。

 

メディカルトレーニングの内容

以下のような工程を検査結果とあなたの状態にあったものを行います。

①モビライゼーション

ゆがんだ状態で固まった筋肉をほぐして自然な状態に戻します

 

②エクササイズ

自然で正しい動きができるように筋を再教育します

 

③スタビライズ

①・②で獲得した理想的な動きを保つことができるような働きを持つ筋を重点的に強化します

 

④コーディネーション

運動をコーディネートして最初にあった歪みが再発しないよう、正しい動作を習得します。